Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、WAFのラインナップに2製品を追加

フォーティネットジャパンは、ウェブアプリケーションファイアウォール「FortiWeb-4000E」と「FortiWeb-3000E」を提供開始した。

20151116_fn_001.jpg
FortiWeb-4000E

両製品は、ウェブアプリケーションに対する外部からの攻撃を防御するWAFの新モデル。IPレピュテーション、レイヤー7に対するDoS攻撃への対策、HTTPプロトコルの検証機能を備えている。

コードの検疫などを提供するほか、攻撃が定義ファイルへ登録されているか比較検証したり、自動学習型の振る舞い検知エンジンを搭載した。

また同社サンドボックス製品との統合に対応。脆弱性スキャナを標準で搭載している。スループットは「同4000E」が20Gbps、「同3000E」が5Gbps。

(Security NEXT - 2015/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
セキュリティベンダーも脆弱性「regreSSHion」の影響を調査
F5がアドバイザリを公開 - 「BIG-IP」などの複数脆弱性を解消
求職情報サイトで遠隔操作やデータ取得の形跡 - 日刊工業新聞
国内クラウドサービス、海外に比べてセキュリティ対策に遅れ
「Adobe ColdFusion」のアップデートを呼びかけ - 米当局
志布志市ふるさと納税サイトで情報流出 - 脆弱性検査で改ざん気付けず
企業サイト狙う不正アクセスに注意 - 警察庁ら呼びかけ
「Interop Tokyo」が開催中 - 「Best of Show Award」も発表
所属組織の要請と電話で事前説明、巧妙なフィッシング攻撃に警戒を