Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、WAFのラインナップに2製品を追加

フォーティネットジャパンは、ウェブアプリケーションファイアウォール「FortiWeb-4000E」と「FortiWeb-3000E」を提供開始した。

20151116_fn_001.jpg
FortiWeb-4000E

両製品は、ウェブアプリケーションに対する外部からの攻撃を防御するWAFの新モデル。IPレピュテーション、レイヤー7に対するDoS攻撃への対策、HTTPプロトコルの検証機能を備えている。

コードの検疫などを提供するほか、攻撃が定義ファイルへ登録されているか比較検証したり、自動学習型の振る舞い検知エンジンを搭載した。

また同社サンドボックス製品との統合に対応。脆弱性スキャナを標準で搭載している。スループットは「同4000E」が20Gbps、「同3000E」が5Gbps。

(Security NEXT - 2015/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性対策ベンダーが「Log4Shell」を「最悪の脆弱性」と評価した理由
国内WAFベンダー「Log4Shell」に対応 - 約500サイトで攻撃を検知
「Log4Shell」攻撃、対象ポートが拡大中 - 警察庁観測
VPN製品「SonicWall SMA 100シリーズ」に深刻な脆弱性 - WAF有効時も影響、早急に対応を
スイーツ通販サイトに不正アクセス、ゼロデイ脆弱性の発見から被害に気づく
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
クラウド型WAF「Scutum」の「アノマリ検知」を強化 - SST
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure