Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「OS X El Capitan」で脆弱性99件を解消 - 「Thunderstrike」も修正

Appleは、Mac OS Xの最新版となる「OS X El Capitan 10.11」を提供開始した。新機能の追加にくわえ、「Thunderstrike」をはじめ、99件の脆弱性を修正した。

今回のアップグレードでは、CVEベースで99件の脆弱性を解消。メモリ破壊が生じ、コード実行されるおそれがある「CVE-2015-5868」をはじめ、カーネルに含まれる10件の脆弱性に対応した。

さらにEFIに関する脆弱性2件へ対処しており、セキュリティ研究者によって1月に指摘された脆弱性「CVE-2015-5914」を解決した。同脆弱性は、別名「Thunderstrike」としても知られ、悪意あるApple Ethernet Thunderboltアダプタによって突くことにより、ファームウェアを書き換えられるおそれがある。

また「CFNetwork」や「IOGraphics」に関する脆弱性を解消。グラフィックドライバや「bash」「OpenSSL」「OpenSSH」「ApachePHPモジュール」「Ruby」「SQLite」のほか、修正は多岐に渡っている。

(Security NEXT - 2015/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施
Adobe、3製品向けにセキュリティアップデートをリリース
MS、11月の月例パッチを公開 - 悪用済み2件を含む脆弱性55件を修正
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Firefox 94」が登場、脆弱性13件を修正
ESETのmacOS版に保護機能を無効化できる脆弱性
「Chrome」「Edge」にアップデート - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開