Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区の紙おむつ支給事業で再委託先が個人情報を不正利用

東京都豊島区および北区が実施している紙おむつ支給事業において、委託先が契約で禁止されている再委託を行っていたことがわかった。再々々委託業者が、受託した個人情報を関係ないダイレクトメールの送付などに流用していたという。

両区が実施している高齢者紙おむつ支給事業および心身障害者おむつ支給事業において、委託先の白十字販売が一部業務について契約で禁止されている再委託を行っていたもの。さらに下請け業者間でも再委託が行われており、再々々委託先など含め5社が業務に関わっていた。

一連の業務において、再々々委託業者だった葵は、紙おむつ配送先名簿に記載されている登録者宛てに同事業とは無関係な広告をダイレクトメールで発送していた。豊島区によると、個人情報が委託先以外に流出した件数は923件で、そのうち417件にダイレクトメールが発送されたという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市