Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区の紙おむつ支給事業で再委託先が個人情報を不正利用

東京都豊島区および北区が実施している紙おむつ支給事業において、委託先が契約で禁止されている再委託を行っていたことがわかった。再々々委託業者が、受託した個人情報を関係ないダイレクトメールの送付などに流用していたという。

両区が実施している高齢者紙おむつ支給事業および心身障害者おむつ支給事業において、委託先の白十字販売が一部業務について契約で禁止されている再委託を行っていたもの。さらに下請け業者間でも再委託が行われており、再々々委託先など含め5社が業務に関わっていた。

一連の業務において、再々々委託業者だった葵は、紙おむつ配送先名簿に記載されている登録者宛てに同事業とは無関係な広告をダイレクトメールで発送していた。豊島区によると、個人情報が委託先以外に流出した件数は923件で、そのうち417件にダイレクトメールが発送されたという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
委託先がメール誤送信、講座受講予定者のメアド流出 - 神奈川県
就職フェアの案内メールで送信ミス、メアドが流出 - 三重県
委託先で作業ミス、メール文中に別人の氏名を表示 - 福岡市
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市