Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝情シ、オフィス向けセキュリティソリューションを展開

東芝情報システムは、12種類のセキュリティ関連サービスで構成された「オフィスセキュリティソリューション」を提供開始する。

同ソリューションは、マルウェア感染、不正アクセス、サイト改ざん、情報流出などへの対策メニューを提供するもので、同社のほか、デジタルアーツやクリアスウィフト、CAなどの製品を採用しており12種類のメニューを用意。マイナンバー制度の開始にあわせて展開し、企業のセキュリティ需要に応える。

具体的には、ドキュメント管理やメールセキュリティ、資産管理、ネットワーク検疫などに対応。MDM、シンクライアント、無線LANのセキュリティ対策なども用意。また入退室管理やネットワークカメラなど物理的対策のソリューションも含まれる。

今後同社では、これらソリューションの提供を通じて、年間10億円の売上を目標に販売を推進していく。

(Security NEXT - 2015/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス