Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝情シ、オフィス向けセキュリティソリューションを展開

東芝情報システムは、12種類のセキュリティ関連サービスで構成された「オフィスセキュリティソリューション」を提供開始する。

同ソリューションは、マルウェア感染、不正アクセス、サイト改ざん、情報流出などへの対策メニューを提供するもので、同社のほか、デジタルアーツやクリアスウィフト、CAなどの製品を採用しており12種類のメニューを用意。マイナンバー制度の開始にあわせて展開し、企業のセキュリティ需要に応える。

具体的には、ドキュメント管理やメールセキュリティ、資産管理、ネットワーク検疫などに対応。MDM、シンクライアント、無線LANのセキュリティ対策なども用意。また入退室管理やネットワークカメラなど物理的対策のソリューションも含まれる。

今後同社では、これらソリューションの提供を通じて、年間10億円の売上を目標に販売を推進していく。

(Security NEXT - 2015/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足