Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で携帯サイト利用者のメールアドレス58件が流出 - バンダイナムコゲームス

バンダイナムコゲームスは、同社携帯電話向けサイトの懸賞当選メールを4月16日に送信した際、プログラムミスにより、当選者のメールアドレス58件が表示された状態で送られたと発表した。

誤送信が発生したのは、同社が運営するiモード向けサイト「ナムコiランド」において実施された「のろいちゃんプレゼントキャンペーン」の当選メール。当選者81名に送信したが、プログラムミスによりそのうちの58名に対し同じ内容のメールを再送信してしまったという。またその際にメールアドレスを宛先に設定したため、他の受信者が確認できる状態となった。

同社では誤送信の対象者に対し、謝罪するとともにメールの削除を依頼した。再発防止のため、今後はメール送信前の複数チェックを徹底するという。

(Security NEXT - 2007/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
着物クリーニングサイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
「Cisco Small Business WAP」に2件の脆弱性 - 一部製品はEOLで修正プログラムなし
SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発