Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイク急便、セキュリティ輸送サービスをFC展開により全国規模へ

バイク急便は、機密書類など、重要物の配送に特化した輸送サービス「セキュリティ便」のフランチャイズ展開を発表した。

同サービスは、暗証番号による認証システムやGPS機能を搭載した専用のセキュリティケースを利用した輸送サービス。同社では関東圏を中心にサービス展開を実施していたが、個人情報保護や内部統制の実施など需要の高まりを受けて、フランチャイズ形式による全国展開を進める。

同社では、ウェブサイトなどで加盟店の募集を開始しており、FC加盟店に対して同サービスを運営するにあたって必要なセキュリティケースやセキュリティカーゴといったハードウェアのほか、受注システムや暗号化システム、セキュリティ教育などのソフトなどを提供する。

(Security NEXT - 2007/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
サーバに大量のSQLi攻撃、メアド流出か - エフシージー総研
共同購入サービスサイトで一部個人情報が閲覧可能に
特別支援学校で児童の画像含むメディアがカメラごと所在不明に - 埼玉県
従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
Google、最新ブラウザ「Chrome 102」をリリース - 深刻な脆弱性を修正
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連
メーリングリストの返信設定に誤り、返信メールが流出 - 秋田労働局
県電子納品システムで利用者情報が流出、プログラムミスで - 群馬県
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で