Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報を守る亭主と漏らす妻」 - セキュリティ川柳の2014年大賞作品を発表

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、毎月テーマを決めて、セキュリティに関する川柳や標語を募集する「せきゅり亭」の大賞作品を発表した。

同協会では、「フィッシング」や「流出」など、同協会が毎月テーマを決めて、セキュリティに関する川柳や標語、駄洒落などを募集。「Network Security Forum 2015」の参加者による投票で、「2014年JNSAせきゅり亭大賞」を決定した。

大賞は「情報を 守る亭主と 漏らす妻」。次点は「釣り下手の 上司がかかる フィッシング」だった。このほか、協賛企業による企業賞も同時に発表。受賞者にはセキュリティ対策ソフトなどの賞品が贈られる。

(Security NEXT - 2015/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開
宣伝会議賞で「プライバシーマーク」のキャッチフレーズがシルバー賞
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定