Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

母体や乳児の患者情報含むUSBメモリがひったくり被害 - 九大病院

九州大学病院の医師がひったくりに遭い、患者の個人情報を保存したUSBメモリが持ち去られたことがわかった。

2014年12月18日21時ごろ、医師が帰宅後に再度自転車で外出した際、バイクに乗った2人組に鞄を強奪されたという。鞄の中には、医師が研究目的で収集した患者91人の情報を保存したUSBメモリが入っていた。

奪われたUSBメモリには、患者の氏名や年齢、使用した薬剤の名称、細菌検査の結果にくわえ、出産した乳児の体重や性別、発育状態、そのほか記号化したデータなどが含まれるという。USBメモリにセキュリティ対策は講じていなかった。

同大では警察へ被害届を提出。対象となる患者に、電話や文書で事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県