Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の労災保険関連書類を紛失 - 京都労働局

京都労働局は、労災の関連書類が所在不明になっていることを明らかにした。書類には、38人分の個人情報が記載されているという。

労災保険における交通事故など、第三者行為災害の手続きに関する書類6件を6月に紛失していたことを公表したもの。

同局京都上労働基準監督署では、6月19日に事故の相手方への債権額を京都労働局長に通知するための通知書4件を紛失していることに気が付いた。被災した労働者や事故の相手の氏名が記載されている。

また同月25日には、労働基準部労災補償課において、事故の相手方への債権額を決定するための決議書2件が所在不明となっていることが判明。被災した労働者と事故の相手の氏名、住所、生年月日、免許証番号、所属事業所の担当者名などが記載されていた。

同局では、これら書類について不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明。個人情報が記載されていた38人に対し、7月に書面で謝罪したという。

(Security NEXT - 2014/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市