Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

auスマホにプライバシー情報へのアクセス制御機能 - デフォルトはオフ

KDDIは、アプリによる利用者情報へのアクセスを制御する「プライバシーデータ設定」機能を、10月以降に発売するAndroid搭載スマートフォンに搭載する。

同機能は、アプリによる電話帳や位置情報といった利用者情報の取得を制限するもの。「Google Play」をはじめ、「au Market」以外で入手したアプリを監視し、データアクセス時に許可や拒否を選択できる。

また設定画面から、アプリや利用者情報、種別ごとにアクセスの可否を設定することが可能。ただし、デフォルトではオフとなっており、利用するには設定画面から利用設定を行う必要がある。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 16」でゼロデイ脆弱性を修正 - 「iOS 15.7」などもあわせて公開
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
Pマーク認知向上のアイデアを中高生から募集 - JIPDEC
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
プライバシー影響評価の構築支援サービス - PwCあらた
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から