Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

auスマホにプライバシー情報へのアクセス制御機能 - デフォルトはオフ

KDDIは、アプリによる利用者情報へのアクセスを制御する「プライバシーデータ設定」機能を、10月以降に発売するAndroid搭載スマートフォンに搭載する。

同機能は、アプリによる電話帳や位置情報といった利用者情報の取得を制限するもの。「Google Play」をはじめ、「au Market」以外で入手したアプリを監視し、データアクセス時に許可や拒否を選択できる。

また設定画面から、アプリや利用者情報、種別ごとにアクセスの可否を設定することが可能。ただし、デフォルトではオフとなっており、利用するには設定画面から利用設定を行う必要がある。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
LINE、プライバシーポリシーを改定 - 移転先国名など記載
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委