Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンガポールの孫会社で顧客情報31万件流出 - コシダカHD

「カラオケ本舗まねきねこ」などを運営するコシダカホールディングスは、シンガポールの関連会社が不正アクセスを受け、会員情報約31万件が流出したことを明らかにした。

同社によれば、シンガポールで事業を展開する同社の孫会社「K BOX ENTERTAINMENT GROUP」が運営するサーバが不正アクセスを受け、保有している会員情報が流出したもの。

シンガポールの複数の報道機関に対して、9月16日に「シンガポール政府への警告」とされるメールが送り付けられ、シンガポールで事業を展開する同社孫会社の会員情報約31万件を不正に取得して流出させたと書かれていたことから同社が調査を行ったところ判明したという。

同社では、警察の捜査に協力するとともに、被害の拡大を防止するための対策チームを立ち上げるなど、対応に当たっている。

(Security NEXT - 2014/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず