Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NASからのファイル複製を防止する「SECUDRIVE NAS 2.0」

クオーレは、ネットワークストレージ上に保存したファイルのコピーなどを防止するソフトウェア「SECUDRIVE NAS 2.0」を9月より発売開始する。

同製品は、ネットワークストレージ向けにファイルのコピー防止機能と監査機能を提供するソフトウェア。韓ブレインズスクエアが開発し、同社が日本総代理店として提供する。

Windows Storage ServerとLinuxに対応しており、インストールしたネットワークストレージサーバ上のファイルをパソコンや外部メディアに保存できないように設定できるほか、アクセス可能なアプリケーションや画面キャプチャ、印刷などを制御できる。

また監査機能として、ネットワークストレージ上の共有ファイルにアクセスしたユーザーごとの操作ログを取得できる。

(Security NEXT - 2014/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
東芝製HDD向けパスワードツールの脆弱性修正版がリリース
東芝製HDD向けパスワードツールに脆弱性 - 更新版提供までアンインストールを
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定