Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、定例更新で12製品グループの脆弱性113件を修正

Oracleは、四半期ごとに公開している同社製品の定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。

今回の更新では、「Oracle Database」「Java SE」などをはじめとする12製品グループにおいて、あわせて113件の脆弱性を修正した。

「Oracle Database」や「Java SE」以外には、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Fusion Applications」「Oracle Hyperion」「Oracle Communications Applications」「Oracle Retail Industry Suite」「Oracle MySQL」などをアップデートした。

共通脆弱性評価システム「CVSS v2」においてスコアが「7.0」以上の「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は20件。同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上で早期にアップデートを適用するよう呼びかけている。

また同社は、OpenSSLに見つかった「Heartbleed」として知られる深刻な脆弱性「CVE-2014-0160」を4月18日に修正しているが、今回のCPUにも、「MySQL Enterprise Server 5.6」における同脆弱性への修正が含まれると説明。アップデートによる「CVE-2014-0160」の修正を強く推奨している。

(Security NEXT - 2014/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性