Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティ製品「GUARDIANWALL」に仮想アプライアンス版

キヤノンITソリューションズは、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」の仮想アプライアンス版を5月9日より提供開始する。

「GUARDIANWALL」は、送信メールの本文や添付ファイル、送信先をチェックして、誤送信による情報漏洩を防止するソフトウェア。メール送信の一時保留や添付ファイルの自動暗号化のほか、メールの送受信を記録するアーカイブ機能や全文検索など監査機能を備えている。

今回、VMwareに対応する仮想アプライアンス版を追加したもので、動作に必要となるゲストOSやミドルウェアもあらかじめ設定されており、インストールなど構築作業が不要。同社を通じてゲストOSやミドルウェアも含め、サポートを提供する。

動作環境は、「VMware ESXi 5.1」で、同製品の提供にあたっては、日本IBMより技術協力を受けており、「IBM PureSystems」にて動作検証を実施したという。

(Security NEXT - 2014/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション