Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース

エフセキュアは、Linuxサーバ向けセキュリティ対策ソフト2製品の新版を発売開始した。

「エフセキュア Linuxセキュリティ フル エディション」および「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」の新版となる「同Ver10.00」の提供を開始したもの。

同製品は、マルウェア対策機能のほか、改ざんを防止する機能を搭載。ポリシーマネージャを利用した集中管理にも対応したLinux向け製品。最新版では、「Redhat Enterprise Linux6.5」「CentOS6.5」「Debian7.0」「Ubuntu12.04」など最新OSをサポートした。

今後同社では、2014年後半にあらたな検知エンジンを搭載する予定だという。

(Security NEXT - 2014/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 86.0.4240.75」がリリース - セキュリティ関連で35件の修正
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
Google、「Chrome 85」をリリース - 5件の脆弱性に対処
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
「Chrome 84.0.4147.135」がリリース - 脆弱性1件を解消