Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類が突風で国道上に散乱、一部回収できず - 大阪市

大阪市は、個人情報が記載された「放置自転車等啓発指導活動団体認定申請書」を紛失したことを公表した。

11月11日15時10分ごろ、職員が自転車を停めた際、突風により自転車が転倒。前かごに入れていた書類が車道上に飛散。書類を回収して帰庁したものの、書類を確認したところ「放置自転車等啓発指導活動団体認定申請書」が未回収であることが判明した。

紛失した申請書には、申請者11人の氏名、住所、電話番号が記載されていた。現場へ引き返して捜索を行い回収したが、一部は発見できなかったという。同市では翌12日に対象となる申請者に連絡し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
新型コロナ患者情報含む資料、窓から飛散 - 鹿児島市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
口座情報など含む書類が飛散、一部回収できず - 串本町