Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフト、セキュリティ対策ソフトの新版に独Aviraのエンジンを搭載

キングソフトは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの新版「KINGSOFT Internet Security 2014」を提供開始した。

同製品は、ウイルス対策ソフト「KINGSOFT Anti Virus」とシステム最適化ソフト「KINGSOFT System Defender」で構成されているソフトウェア。

最新版では、同社のウイルススキャンエンジンにくわえ、独Aviraのエンジンをあらたに追加。ダブルエンジンを採用することでウイルス検出率を改善したという。またフィッシングサイトから保護する「セーフアクセス」やパソコンをWi-Fiネットワークとして利用できる「テザリング機能」などをあらたに搭載した。

ラインナップは、広告モデルを採用した無料版のほか、1980円の無期限版、980円の1年版を用意している。

(Security NEXT - 2013/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure