Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディアイティ、不正なローカルアカウントを洗い出す新サービス

ディアイティは、組織におけるローカルアカウントの実態を調査し、報告書を提供する「アカウント調査サービス」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、組織内において、不正アカウントの有無や、アカウントに対する過剰なアクセス権の適用、パスワードポリシーの遵守状況など、短時間に調査して報告書を提供するサービス。

Cyber-Arkが開発する調査ツール「Cyber-Ark DNA」を活用し、Windowsドメイン配下のコンピュータへ直接アクセスして、コンピュータ名、アカウントのタイプ、カテゴリ、パスワード利用日数などの属性値を調べる。ネットワークへ負担をかけずに調査を行うことが可能で、レポートは内部統制監査などへ活用できる。

1ドメイン、コンピュータ100台の調査を実施した場合、料金は15万7500円から。同社ではトライアルとして、端末20台までを対象とする無償サービスを1企業あたり2回まで提供する。

(Security NEXT - 2013/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能