Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年度「政府CIO補佐官」の公募を開始 - 政府

政府は、内閣官房に設置した政府CIOや各府省のCIOに対し、専門的、技術的見地からの支援する「政府CIO補佐官」の公募を開始した。

今回の公募は、電子行政に関する戦略策定や情報化の推進施策の管理、国と地方公共団体の連携、人材の確保や育成などを担当する総括担当と、府省における電子行政、システムなどの調達支援、評価を行う府省庁担当の政府CIO補佐官を募集しているもの。

府省庁担当の補佐官は、情報セキュリティの向上に関する施策についても推進。最高情報セキュリティアドバイザーを兼務する場合がある。また府省庁横断的なプロジェクトなどにも取り組む。

募集人員は17名程度を予定しており、任期は4月1日から2014年3月31日まで。更新される場合もある。応募資料の提出期限は2月15日17時半必着。書類及び面接による選考を行い、採否は3月上旬に書面で通知する。また政府CIO補佐官の業務概要の説明会を1月31日に予定している。

(Security NEXT - 2013/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃