Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトクリエイト、持込端末の不正接続を防止する「L2Blocker」の新版

ソフトクリエイトは、持ち込み端末の不正接続を防止するアプライアンスの新版「L2Blocker Ver.4」の販売を開始した。

同製品は、ネットワーク上の機器をリストアップし、不正端末の接続を防止できるアプライアンス。管理用画面からアクセスコントロールを設定できる。

最新版では、センサーの冗長化に対応。またブロックした端末へ利用申請画面を表示したり、機器自動判定機能を追加した。スマートフォンやタブレットの最新機種へ対応したほか、新筐体を採用し、処理速度の向上を図っている。

(Security NEXT - 2012/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール