Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTアイティ、BCPに特化したリモートアクセスサービス

NTTアイティは、災害など緊急時にのみリモートアクセスを活用したい企業向けに、「マジックコネクトBCPあんしんサービス」を12月5日より販売開始する。

同サービスは、外部からオフィス内のPCを利用できる緊急時向けのリモートアクセスサービス。「Windows」や「iPhone」「iPad」「Android端末」に対応しており、組織のPCやサーバにアクセスして業務を行うことができる。

同社では、従来よりリモートアクセスサービス「マジックコネクト」を展開しているが、平常時にサービスを利用しない企業向けに、ランニングコストを抑えた新メニューを用意した。災害など緊急時の事業継続にリモート接続を活用したい企業の需要を取り込む。

サービスを利用しなかった場合、初期費用とアカウント管理料のみで利用できる。注文は、10アカウント以上から。「マジックコネクト」の既存利用者によるサービス移行にも対応する。

同社では今回のサービス開始にあわせ、組織ネットワーク内に設置されたPCの電源を外部から起動できるWOLコントローラ「MC3000」のプレゼントキャンペーンを実施する。2013年3月22日まで。

(Security NEXT - 2012/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
「Elasticsearch」を活用したテレワーク端末の可視化ソリューション
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec