Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAXA職員の端末がウイルス感染 - 「イプシロンロケット」情報が漏洩したおそれ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の職員が利用する端末1台がウイルスへ感染し、情報漏洩した可能性があることがわかった。

同機構によれば、11月21日に端末でウイルスを検知。隔離した上で調査を行い、11月28日にウイルス感染により情報が窃取され、外部と通信していたことが判明したという。

今回のウイルス感染により、「イプシロンロケット」や同ロケット開発に関連する「M-Vロケット」「H-IIAロケット」および「H-IIBロケット」の仕様や運用情報が外部へ漏洩した可能性がある。

同機構では、感染原因や漏洩した情報など被害の特定を急いでいる。また今回感染が確認された端末以外におけるウイルス被害の有無についても確認を進める。

同機構は、2011年7月から8月にかけても標的型攻撃を受けており、端末がウイルスに感染。端末内に機微情報は保存されていなかったが、端末内のデータ、端末上で表示した画面情報、同端末からアクセスしたシステムへのログイン情報が外部へ流出したことを公表している。

(Security NEXT - 2012/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校
コロナ患者情報を誤送信、表計算ファイル内に残存 - 静岡県
コロナ陽性者向け「自宅療養のしおり」に発生届を誤添付 - 香川県
コロナ関連通知書の裏面に別人情報、誤って両面印刷 - 船橋市