Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitter、自社からのアカウント情報流出を否定 - 流出原因は外部サイトで大半はスパムアカウント

Twitterは、一部メディアによるアカウント情報の流出報道に対して、一般アカウントの流出はなかったとの見解を公式ブログで示した。

同社は検証結果として、外部サイトで公開されたIDとパスワードに関し、Twitterとは別のサイトから流出したものと結論付けた。関連するアカウントに対してパスワードのリセットを実施しているが、大半はスパムとして停止されたアカウントで、通常通り利用しているユーザーのアカウントには影響ないとしている。

同社は、アカウント情報の流出を防ぐため、ログインするサイトが信頼できるサイトか確認するとともに、パスワードの安全性を高めるため、第三者が予想できないパスワードを利用したり、使い回しをしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
約5カ月間、海外現地法人や海外支局に不正アクセス - 日経新聞