Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、12月の月例パッチは14件 - 「Duqu」が悪用する脆弱性も修正予定

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラム14件を12月14日に公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラム3件が含まれる。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされる3件は、いずれも「Windows」のリモートでコードが実行される脆弱性を修正するプログラム。

残り11件のプログラムは、次に深刻とされる「重要」にレーティングされており、「Windows」や「Internet Explorer」「Office」の脆弱性を修正する予定。

今回のアップデートでは、「Stuxnet」と同じソースコードを持つトロイの木馬「Duqu」が標的型ゼロデイ攻撃に用いた脆弱性「CVE-2011-3402」にも対応する。

また同社製品特有の脆弱性ではないが、プロトコル「SSL 3.0」および「TLS 1.0」に見つかったCBCモードにおける初期化ベクトル決定時の脆弱性「CVE-2011-3389」も解消する方針だという。

(Security NEXT - 2011/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ