Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster」シリーズの管理機能を強化

ティエスエスリンクは、ファイルの暗号化や操作を制御できる情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster」シリーズの最新版を発売した。

「Pirates Buster for Document」は、フォルダにコピーすることで「Office」「PDF」「一太郎」などのドキュメントや画像、動画といったファイルを暗号化できるセキュリティソリューション。印刷、コピーといった権限をユーザーやグループ単位で運用できる。

「Pirates Buster for WebDocument」は、ウェブ上のシステムからダウンロードする際に、印刷や編集などの利用権限が付与し、暗号化することが可能。両製品では、最新版において暗号化ファイルの絞込み表示と、ログ表示の機能を強化した。

「Pirates Buster for Active WebPage」は、ウェブコンテンツを保護する製品で「HTML」「PDF」「Flash」「Office」などのファイルのほか、「JavaScript」「ASP」「PHP」など動的なファイルに対しても印刷やコピー、画面キャプチャを制御できる。最新版では、不具合を修正した。

基本パッケージの価格は、「Pirates Buster for Document」が52万5000円。「Pirates Buster for WebDocument」が157万5000円、「Pirates Buster for Active WebPage」が105万円。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加