Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検疫ネットワークと連携可能になった「InfoTrace PLUS」最新版 - ソリトン

ソリトンシステムズは、統合PC管理ソフト「InfoTrace PLUS」の最新版となる「同バージョン3.2.0」を発売した。

同ソフトは、PCの不正利用を防止するユーザー認証や、外部デバイスの利用を制限するPC操作制御、検疫、シングルサインオン、ログ記録などのセキュリティ機能を搭載したPC管理ソフト。

最新版では、同社の検疫ネットワークアプライアンス「Net'Attest SecurityFilter」との連携を実現。ユーザー単位でネットワークへのアクセスを制御する機能のほか、未登録の持ち込みPCの接続を制限する機能、ポリシー違反PCを隔離する検疫ネットワーク機能などが提供される。

価格は、サーバパックが100万円。PCインストールライセンスが1台あたり「オールインワン版」が1万7000円、「機能選択版」が5000円。

(Security NEXT - 2011/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化