Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃により情報流出の可能性、詳細を調査 - 太陽工業

膜面構造建築などを手がける太陽工業は、サイバー攻撃を受け、外部に情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、6月8日に情報システムで異常を検知。サイバー攻撃を受け、システムの一部で被害が発生していることを翌9日に確認したという。

具体的な内容は特定できていないが、調査により情報が流出した可能性があることが判明したため、個人情報保護委員会へ報告した。

同社は外部協力のもと、影響範囲について調査するとともに復旧作業を進めており、再発防止策などについても講じていくとしている。

(Security NEXT - 2024/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外来受診者の一部名簿が所在不明に - ちば県民保健予防財団
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター