Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定

東京都は、業務の再委託先においてランサムウェアの感染被害が発生し、個人情報が流出した可能性があることを公表した。データにはパスワードが設定されているという。

就学支援金受給資格認定審査などの運用業務を委託していたが、再委託先となっていたイセトーでランサムウェアの被害が発生したもの。

被害が発生した端末に生徒19人や保護者18人に関する個人情報が保存されていた。生徒の氏名、在籍校、課程、学年、就学支援金審査結果のほか、保護者の住所、氏名などが含まれる。

ただし、個人情報が含まれていたデータには、パスワードが設定されていたという。

東京都では、関係者に対して経緯を説明するとともに謝罪。委託先に対して早急に調査を実施し、結果を報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2024/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市