Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害

ニデック(旧日本電産)の子会社でモータやカードリーダーなどを製造するニデックインスツルメンツ(旧日本電産サンキョー)が、外部よりサイバー攻撃を受けたことがわかった。

同社によれば、5月26日にランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、複数のサーバ内のファイルが暗号化される被害が発生したもの。

情報流出の範囲など詳細は明らかになっておらず、同社では外部協力のもと、調査や復旧作業を進めている。

業務に障害が発生したとして同社では関係者や取引先に謝罪。警察など関連機関へ相談するとともに、必要とされるリソースをすべて投入し、セキュリティを最優先事項として早期に原因究明を図り、再発防止策を講じるとしている。

また今回の被害は、ニデックインスツルメンツに限られ、親会社であるニデックや他グループ会社における同様の被害については否定した。

(Security NEXT - 2024/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業