Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、「Chrome 126」を公開 - 複数脆弱性を修正

Googleは現地時間6月11日、同社ブラウザの最新版となる「Chrome 126」を公開した。複数の脆弱性に対処している。

Windows、およびmacOS向けに「Chrome 126.0.6478.57」「同126.0.6478.56」、Linux向けに「同126.0.6478.56」をリリースしたもの。セキュリティに関する21件の修正を行った。

CVEベースであわせて18件の脆弱性に対応。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

重要度が上から2番目にあたる「高(High)」とされる脆弱性は9件。スクリプトエンジン「V8」に関する「CVE-2024-5830」「CVE-2024-5833」「CVE-2024-5837」「CVE-2024-5838」をはじめ、「Dawn」や「Tabグループ」などの脆弱性を修正した。

のこる9件の脆弱性については、重要度を1段階低い「中(Medium)」とレーティングしている。今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-5830
CVE-2024-5831
CVE-2024-5832
CVE-2024-5833
CVE-2024-5834
CVE-2024-5835
CVE-2024-5836
CVE-2024-5837
CVE-2024-5838
CVE-2024-5839
CVE-2024-5840
CVE-2024-5841
CVE-2024-5842
CVE-2024-5843
CVE-2024-5844
CVE-2024-5845
CVE-2024-5846
CVE-2024-5847

6月11日に「Chrome」のアップデートに関する記事を掲載しましたが、過去掲載した記事と重複する内容であり削除しました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

 

(Security NEXT - 2024/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業