Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エレコム製無線LANルータに脆弱性 - ファームウェアの更新を

エレコムが提供する一部無線LANルータにあらたな脆弱性が明らかとなった。また過去に公開された脆弱性に関しても対象機種が追加されており、注意が必要となる。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「WRC-X5400GS-B」「WRC-X5400GSA-B」の2モデルにOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2024-36103」が明らかとなったもの。

ログインしたユーザーが細工したリクエストを送信することで、OSコマンドの実行が可能となる。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「6.8」と評価されている。

ゼロゼロワンの早川宙也氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告し、調整が実施された。ファームウェア「バージョン1.0.12」以降で同脆弱性は修正されている。

また同社無線LANルータに関しては、2月や3月に公開された脆弱性「CVE-2024-21798」「CVE-2024-23910」「CVE-2024-25568」「CVE-2024-25579」「CVE-2024-26258」「CVE-2024-29225」について対象機種が追加された。あわせて注意が必要。

(Security NEXT - 2024/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
グリコ、6月下旬より冷蔵品の出荷を順次再開
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性
ドライブレコーダーに異なる容量のカード、盗難か - 大阪市