Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー

衣料品メーカーのシンゾーンは、クラウドにおいて設定ミスがあり、顧客情報や従業員の個人情報が、外部からアクセスできる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、社内向けのポータルサイトで管理していた顧客情報や従業員の個人情報が、外部からアクセス可能な状態にあったもの。対象期間は、最長で2023年8月2日から2024年5月15日までとしている。

対象となる顧客は最大約4万2400人。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、購入履歴、職業、婚姻歴、問い合わせ内容などが含まれる。同社従業員については最大75人の氏名と顔写真が閲覧可能だった。

5月15日に問題が発覚し、非公開設定へ変更。サイトに紐づく関連システムのパスワードを変更した。原因については調査を進めている。

同社では5月22日より、対象となる顧客に説明を行っており、対象となる従業員に対しては、説明会を実施した。個人情報保護委員会に対しても報告を行っている。

(Security NEXT - 2024/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消