Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に

クラウドインフラを狙い、コインマイナーを実行することで知られるマルウェア「Kinsing」が、「Apache Tomcat」をあらたなターゲットとしていることがわかった。

「Kinsing」は、暗号資産(仮想通貨)のマイニングを行うコインマイナーの「h2miner」を実行したり、他コンテナやホストにマルウェアを拡散することでも知られるGo言語ベースのマルウェア。

これまでも、WordPress向けプラグインに判明した脆弱性「CVE-2020-25213」を悪用した攻撃や、設定ミスにより開放された「Docker」のAPIポートを狙い、悪意あるコンテナを起動するといった攻撃が確認されている。

さらには「Apache ActiveMQ」の脆弱性「CVE-2023-46604」を突く活動や、「GNU Cライブラリ(glibc)」に判明した「Looney Tunables」としても知られる権限昇格の脆弱性「CVE-2023-4911」などを悪用するなど、さまざまな環境を標的としている。

今回あらたな手法の攻撃を観測したというTenableによれば、深刻な脆弱性が放置された「Apache Tomcat」のサーバを標的に「Kinsing」を展開していた。

被害に遭ったサーバでは、「マニュアル」など一見無害な特定のディレクトリに潜伏することで検出を回避し、永続的な活動を試みようとしていたという。

(Security NEXT - 2024/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県