Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開

Mozilla Foundationは現地時間5月14日、ブラウザの最新版となる「Firefox 126」をリリースした。新機能を追加したほか、複数の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、ネストされたURLから追跡などを行うパラメータを除くURLのコピー機能を実装。「zstandard」による圧縮に対応するなど新機能を追加したほか、あわせて16件の脆弱性に対処している。

解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2024-4764」や、「PDF.js」において「JavaScript」が実行されるおそれがある「CVE-2024-4367」については、重要度を4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。

さらに「中(Moderate)」とされる9件や「低(Low)」とされる5件の脆弱性に対処した。

あわせて延長サポート版「Firefox ESR 115.11」を提供しており、6件の脆弱性に対応している。「Firefox 126」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2024-4367
CVE-2024-4764
CVE-2024-4765
CVE-2024-4766
CVE-2024-4767
CVE-2024-4768
CVE-2024-4769
CVE-2024-4770
CVE-2024-4771
CVE-2024-4772
CVE-2024-4773
CVE-2024-4774
CVE-2024-4775
CVE-2024-4776
CVE-2024-4777
CVE-2024-4778

(Security NEXT - 2024/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
海外子会社へのサイバー攻撃、国内サーバでも痕跡確認 - フジクラ
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹