Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LockBit」の被害ファイルを復号できるかチェックするツール

ランサムウェア「LockBit 3.0」の被害者に向けた支援ツールが公開されている。暗号化されたファイルが復旧できるか2種類の方法で確認できるという。

イギリスや米国など10カ国の捜査当局は「Cronos作戦」を展開。現地時間2月20日に関係者2人を逮捕し、攻撃に利用されたサーバ34台を押収したことを明らかにした。

従来よりランサムウェア向けの復号ツールを公開しているサイト「No More Ransom」では、各国捜査機関協力のもと、日本の警察庁が開発した被害者支援ツール「Decryption Checker for Lockbit 3.0 Ransomware」を無償で提供している。

同ツールは、「LockBit 3.0」により暗号化されたファイルを復号できる可能性があるか診断するために用意したもので、2種類のツールが含まれる。

「Decryption ID checker」は、被害者固有の復号IDと捜査機関が得た復号鍵のリストを照合することで確認できるコマンドラインツール。一致する復号鍵があった場合は対応手順のガイダンスを提供する。

一方「Check Decrypt for LockBit 3.0」は、暗号化された一定数のファイルを用いて回復の可能性があるか評価することができるとしている。

(Security NEXT - 2024/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県