Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5の「BIG-IP」や「NGINX」などに脆弱性 - アップデートを

F5は、四半期ごとに公開している定例のセキュリティアドバイザリを現地時間2月14日に公開した。「BIG-IP」や「NGINX」などが影響を受ける複数の脆弱性に対処したことを明らかにしている。

今回のセキュリティアドバイザリでは、「BIG-IP」「BIG-IQ」「F5OS」「NGINX」などが影響を受ける脆弱性について言及した。

CVEベースで20件の脆弱性が公表されている。またCVE番号は割り振られていないものの、セキュリティに関する2件の問題についても明らかにした。

重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。2番目に高い「高(High)」が14件、「中(Medium)」が5件、「低(Low)」が1件だった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、今回公表されたなかでは「BIG-IP」に明らかとなった「CVE-2024-22093」がもっとも高く、「8.7」と評価されている。

「CVE-2024-22093」は、「iControl RESTエンドポイント」においてリモートより任意のシェルコマンドを実行できる「コマンドインジェクション」の脆弱性。悪用には権限が必要で、アプライアンスモードで実行している場合にのみ影響を受ける。

(Security NEXT - 2024/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消