Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新生児訪問事業の記録票、ポスト投函後の所在わからず - 杉並区

東京都杉並区は、新生児がいる家庭へ訪問した際の記録票が、所在不明となっていることを明らかにした。

同区によれば、「すこやか赤ちゃん訪問事業」を委託契約している訪問指導員が作成した訪問記録票の所在がわからなくなっているもの。

訪問記録票、質問票、確認票、すこやか赤ちゃん訪問報告など10人分の書類で、新生児および保護者の氏名、住所、生年月日、子育てに関する保護者への質問とその回答などが含まれる。

2023年12月29日に高井戸保健センター宛てにレターパックでポストへ投函したが、その後所在がわからなくなった。郵便局に調査を依頼したが発見できず、高井戸保健センターを含む5カ所の保健センターで探索したが見つかっていない。

同区では、対象となる新生児宅を訪問して経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2024/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応