Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2023年10月修正の「vCenter」脆弱性、2021年後半には悪用か

Mandiantは、2023年10月に修正されたサーバ管理製品「VMware vCenter Server」の脆弱性「CVE-2023-34048」が、少なくとも2021年後半より悪用されていたことを明らかにした。

中国より支援を受け、スパイ活動を展開する攻撃グループ「UNC3886」によって同脆弱性が悪用されていたことを明らかにしたもの。同グループは、少なくとも2021年後半ごろより、2023年10月に脆弱性が修正されるまで、1年半以上にわたって悪用していたものと見られる。

同社では「VMware Tools」の脆弱性「CVE-2023-20867」が「UNC3886」によって悪用されていることを発見。2023年6月にVMwareへ報告したが、「VMware vCenter Server」にバックドアが設置された背景について調査する過程で「CVE-2023-34048」が悪用されていたことがあらたに判明したという。

侵害されたシステムでは、特定のサービスがクラッシュしている類似性が存在しており、「CVE-2023-34048」の悪用が影響していることがわかった。

「UNC3886」が2021年後半から2022年初頭にかけて展開した複数のケースで、ログから同様のクラッシュが確認されているが、隠蔽のためか攻撃者によって攻撃の痕跡となるメモリのダンプ情報が消去されていた。

(Security NEXT - 2024/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用