Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工場へのランサム攻撃、未使用PCの遠隔操作ツール経由で

耐火物の製造や工業炉設備などの事業を手がける日本ルツボは、工場の一部デバイスがランサムウェアに感染したことを明らかにした。

同社によれば、春日井工場において一部デバイスが不正アクセスを受け、ランサムウェアに感染したもの。2023年11月6日に被害を確認した。

同社は事態を公表するとともに、外部協力のもと原因、被害状況、情報流出の有無など調査を進めている。

攻撃経路は業務に使用していないパソコンにインストールされていたリモートデスクトップツールであることが判明。同ツールを通じて外部よりアクセスされ、ランサムウェアに感染したことがわかった。

同工場のデータに関しては、一部が利用できなくなったが、バックアップデータにより復旧済みだという。他デバイスについては、セキュリティを強化していたため、影響なかったと結論付けている。

(Security NEXT - 2024/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも