Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Junos OS」にメモリリークの脆弱性 - 再起動するおそれ

Juniper Networksのネットワーク機器にOSとして搭載されている「Junos OS」や「Junos OS Evolved」に脆弱性が明らかとなった。

「Juniper Flow Monitoring(jflow)」を構成している場合に、ネクストホップの更新においてルーティングプロトコルデーモン(rpd)で徐々にメモリリークが生じ、最終的にはクラッシュして再起動にいたる脆弱性「CVE-2024-21611」が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。脆弱性の悪用などは確認されていない。

同社は脆弱性が修正されている「Junos OS 22.3R1」「同22.2R3」「同22.1R3」「同21.4R3」および「Junos OS Evolved 22.3R1-EVO」「同22.2R3-EVO」「同22.1R3-EVO」「同21.4R3-EVO」か、以降のバージョンにアップデートするよう求めている。

脆弱性の回避策はないが、対策のひとつとしてメモリ使用率を監視し、85%に達した場合に「rpd」、あるいはシステムを再起動することを推奨している。

(Security NEXT - 2024/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意