Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪用確認済みの脆弱性2件、米当局が注意喚起

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、悪用が確認されているとして「Chromium」や表計算ファイルの解析ライブラリに明らかとなった脆弱性2件について注意を呼びかけている。

現地時間1月2日に「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ2件の脆弱性を追加したもの。いずれも悪用が確認されており、米行政機関などでは一定期間内に対応する義務が生じる。

CVE-2023-7024」は、「Chromium」の「WebRTC」に明らかとなったヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性。「Chrome」や「Microsoft Edge」など「Chromium」をベースとするブラウザが影響を受ける。米時間2023年12月20日に「Chrome」のアップデートがリリースされた時点ですでに悪用が確認されていた。

一方、「CVE-2023-7101」は、Excelファイルの解析機能を提供するオープンソースライブラリ「Spreadsheet::ParseExcel」に明らかとなった脆弱性。

同ライブラリを実装するBarracuda Networks製メールセキュリティアプライアンス「Barracuda Email Security Gateway(ESG)」を標的とするゼロデイ攻撃で標的にされていた。

(Security NEXT - 2024/01/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加