Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 17.2」などを公開 - 複数脆弱性を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 17.2」「iPadOS 17.2」を現地時間12月11日にリリースした。旧OS向けのアップデートもあわせて公開している。

今回のアップデートでは、カーネルに明らかとなった「CVE-2023-42914」や「WebKit」に判明した「CVE-2023-42883」「CVE-2023-42890」をはじめ、あわせて12件の脆弱性に対処した。

「Siri」や「探す」のほか、画像処理、ビデオエンコーダ、Bluetoothなどに判明した脆弱性を解消している。

最新版へ更新できない旧端末に対しては、同日「iOS 16.7.3」「iPadOS 16.7.3」をリリースした。「iOS 17.2」「iPadOS 17.2」にて修正した6件の脆弱性とあわせて、「CVE-2023-42917」「CVE-2023-42916」に対応している。

これら2件の脆弱性に関しては「iOS 16.7.1」より以前のバージョンに対してゼロデイ攻撃が行われたとの報告がある。Appleでは先にリリースした「iOS 17.1.2」「iPadOS 17.1.2」にて修正を行っていた。

(Security NEXT - 2023/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消