Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォトコン審査資料が閲覧可能に、応募者情報も - 和歌山県社会福祉協議会

和歌山県社会福祉協議会は、フォトコンテストの審査用資料が、意図せずインターネット経由で閲覧できる状態となっていたことを明らかにした。

同協議会によれば、「ふくしフォトコンテスト2022」および「ふくしフォトコンテスト2023」の1次審査と2次審査の事前資料がインターネットより閲覧できる状態となっており、外部に流出したもの。12月4日13時、応募者から電話で指摘があり判明した。

公開されていた資料には応募作品237作品のタイトル、エピソード、写真のほか、応募者105人の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、勤務先の法人名や住所、電話番号などが含まれる。

審査資料を審査委員に事前送付する際、同協議会のシステムを利用したが、インターネットより閲覧が可能だった。URLを知り得たもの以外アクセスできないとの誤った認識のもと利用していたという。また審査委員に対し、審査と直接関係ない個人情報含む資料を配布するなど取り扱いにも不備があった。

同協議会ではシステム管理業者に連絡し、個人情報含む資料を削除した。対象となる応募者には経緯を報告するとともに謝罪。審査委員に対しても送信した個人情報の廃棄を確認したという。

(Security NEXT - 2023/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場