Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

申込フォームで個人情報が閲覧可能に - 大阪市コミュニティ協会

大阪市コミュニティ協会は、大阪市住吉区役所からの委託事業において申込者の個人情報が流出したことを明らかにした。

同協会によれば、同区のつながりの場づくり推進事業において実施した「マカロニで作るクリスマスリース講座」の申込受付に「Googleフォーム」を使用したところ設定に誤りがあり、個人情報が流出したもの。

送信後のリンクより、同フォームより申し込み時に入力された個人情報を含む回答結果の一覧が閲覧できる状態だった。10組27人の参加者氏名、学年、性別、保護者氏名、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

同協会のInstagramに対し、参加申込をした保護者から11月8日付けで問題を指摘するダイレクトメッセージが送信されており、12月2日に気付いて問題を把握したという。

同協会では、参加した7組18人に対してイベント当日に経緯を説明して謝罪。不参加となった関係者に対しても電話で敬意の説明や謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2023/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県