Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生情報や研究データ含むUSBメモリを紛失 - 日本赤十字豊田看護大

日本赤十字豊田看護大学は、学生の個人情報などが保存されているUSBメモリ4個が所在不明となっていることを明らかにした。

同大によれば、同大学生138人分の氏名、学籍番号のほか、同教員の履歴書などが保存されているUSBメモリを紛失したもの。研究データも含まれるが、個人は特定できないとしている。

11月17日に教員が紛失していることに気付いたもので、11月17日に確認したのを最後に所在がわからないという。公共交通機関や関係施設などを捜索したが発見できず、警察に届けた。

同大では対象となる学生に対し、メールで経緯を説明し、謝罪した。また研究データの紛失について、研究代表者や同大研究倫理審査委員会の委員長に報告を行っている。

(Security NEXT - 2023/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市