Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が講座案内メールを誤送信、メアドが流出 - 群馬県

群馬県は、メールの送信ミスが発生し、研修受講申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同県によれば、11月13日14時過ぎ、子どもの心のケアネットワーク事業の委託先である群馬大学が、研修受講申込者のうち今後の情報の受け取りを希望した137人に対し、講座開催案内のメールを送信した際、送信ミスが発生したもの。

送信先のメールアドレスを誤って宛先に設定したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

翌14日9時過ぎに外部から同県に対し指摘があり問題が判明。同県より対応を求められた群馬大学では、対象となる申込者に誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2023/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース