Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge 119.0.2151.58」が公開 - 脆弱性3件を独自修正

マイクロソフトは、現地時間11月9日に同社ブラウザのセキュリティアップデート「Microsoft Edge 119.0.2151.58」をリリースした。

同バージョンは、「Chromium 119.0.6045.124」「同119.0.6045.123」をベースとしたアップデート。安定版となる「Microsoft Edge 119.0.2151.58」にくわえて、拡張安定版となる「同118.0.2088.102」を提供する。

「Chromium」において重要度が「高(High)」とされる脆弱性「CVE-2023-5996」が修正されたが、くわえて独自に3件の脆弱性へ対処した。

具体的には権限昇格の脆弱性「CVE-2023-36024」「CVE-2023-36027」に対応。いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.1」と評価されており、重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

またリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2023-36014」を解消。CVSS基本値は「7.3」となっており、重要度は1段階低い「警告(Moderate)」とした。

(Security NEXT - 2023/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業