Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco IOS XE」のゼロデイ脆弱性を修正するアップデート出揃う

「Cisco IOS XE」にゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、Cisco Systemsは提供予定としていたアップデートをすべてリリースし、各系統に向けたアップデートが出揃った。

「Cisco IOS XE」のウェブユーザーインタフェースに「CVE-2023-20198」「CVE-2023-20273」が判明したもの。これらを組み合わせた攻撃が確認されており、数万台規模で被害が発生しているとの報告もある。

同社では10月22日より順次アップデートを投入しており、これまでに「同17.9.4a」「同17.6.6a」をリリースしているが、提供予定時期を未定としていた「同17.3.8a」「同16.12.10a」についても現地時間10月30日から31日にかけて提供を開始した。

ただし、「同16.12.10a」が提供されるのは「Cisco Catalyst 3650」「同3850」のみとなるため注意が必要。またソフトウェアメインテナンスアップグレード(SMU)の提供対象は、現地時間11月1日の時点で「同17.9」「同17.6」の2系統のみとなっている。

また脆弱性の影響を受けない製品に関しては、バージョン16より以前の「IOS XE」をはじめ、「IOS」「NX-OS」「Adaptive Security Appliance(ASA)」「Firepower Threat Defense(FTD)」を挙げていたが、「Identity Services Engine(ISE)」をあらたに追加している。

(Security NEXT - 2023/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に