Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、「CVE-2023-4966」など脆弱性2件の悪用に注意喚起

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、積極的に悪用されている2件の脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加した。

10月18日から19日にかけて、「CVE-2023-4966」「CVE-2021-1435」を追加したもの。米行政機関では一定期間内に対応する義務が生じるが、追加された脆弱性そのものは広く悪用されるおそれがあり、警戒が必要となる。

「CVE-2023-4966」は、「NetScaler ADC(旧Citrix ADC)」および「NetScaler Gateway(旧Citrix Gateway)」に明らかとなった脆弱性。悪用されると機密情報が漏洩するおそれがあり、Citrixでは、現地時間10月10日にセキュリティアドバイザリを公表し、アップデートをリリースして対応を呼びかけていた。その後現地時間10月17日にアドバイザリを更新し、悪用が観測されたことを明らかにしている。

一方「CVE-2021-1435」は、「Cisco IOS XE」のウェブインタフェースに見つかったコマンドインジェクションの脆弱性。2021年3月には同脆弱性を修正するアップデートがリリースされている。

「Cisco IOS XE」の脆弱性に関しては、今回の追加に先んじて10月16日にゼロデイ攻撃が確認されている「CVE-2023-20198」が同リストに登録されているが、「CVE-2023-20198」を用いた一連の攻撃で、悪意あるプログラムを埋め込む際に「CVE-2021-1435」を悪用しようとしていたことが判明している。

(Security NEXT - 2023/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Qlik Sense Enterprise」の脆弱性が標的に - ランサム攻撃でも
小中学校3校で一部指導要録が所在不明 - 小金井市
1世帯あたり5万円? 給付金の手続き案内に見せかけたフィッシング攻撃
Google、ブラウザ最新版「Chrome 120」を公開 - 脆弱性を解消
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
市サイトに農地所有者の個人情報を誤掲載 - みどり市
患者情報含む資料が流出、一部院外で回収 - 東北医科薬科大
ワイン通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「Apache Struts」にアップデート - 「クリティカル」の脆弱性に対応
「経産省サイバーセキュリティ課」をかたる偽電話が急増