Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米当局、Apple製品に対するゼロデイ攻撃に注意喚起

Apple製品にゼロデイ脆弱性が明らかとなった問題で、米当局は悪用に注意を呼びかけている。

脆弱性「CVE-2023-41064」「CVE-2023-41061」に対する攻撃が確認されているとして、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では現地時間9月11日、これら脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加した。

米国内の行政機関は、一定期間内に同リストにある脆弱性へ対処しなければならない義務が課されている。また脆弱性そのものは広く悪用されるおそれがあり、対象機関でなくとも注意するよう広く呼びかけられている。

Appleでは、現地時間9月7日に最新OSのアップデートをリリース。さらに現地時間9月11日、旧世代OS向けにもアップデートを公開した。

「CVE-2023-41064」は、画像を処理する「ImageIO」に明らかとなったバッファオーバーフローの脆弱性。各製品に向けたアップデートで修正した。一方「CVE-2023-41061」は「ウォレット」が影響を受けるとされており、「iOS 16.6.1」「iPadOS 16.6.1」にて修正が実施されている。

(Security NEXT - 2023/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AirPods」や 「Beats Fit Pro」などに脆弱性 - アップデートを公開
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
「iTunes for Windows」に脆弱性 - アップデートで修正
「macOS」にセキュリティアップデート - 脆弱性を修正
Apple、「iOS」「iPadOS」のアップデートで脆弱性1件を修正
Apple、「iOS」「iPadOS」のセキュリティアップデートを公開
「GarageBand」にセキュリティアップデート - 脆弱性1件を修正